水上バイク免許は必要なのか

水上バイク免許については、水上バイクに乗って川や海、湖等で遊ぶ場合は必ず必要になります。免許取得をしないでこれらの行動をすると、操縦者については30万円以下の罰金と思い刑罰があります。実は水上バイクの無免許運転については、飲酒運転と少し似ているような形で、運転させた水上バイクのオーナーにも罰則があり、無免許者に運転させたオーナーは100万円以下の罰金となっています。また免許の更新期間も決まっている為、更新しない免許を所持していても無意味で、その場合は10万円以下の罰金となります。

実際免許取得に必要な費用としては、最短コースを選び学科については独学とする事で、5万円前後で取得する事が可能です。期間としては、必ず受けなければいけない水上バイク免許の講習があるので、そちらに一日かかり、他に実際に試験を受ける日として一日と、最短で二日で取得する事が出来ます。水上バイク免許の正式な名前は特殊小型船舶免許となり、クルーザー等を運転する際に必要な船舶免許の種類と同じになります。その大きさが違っているというわけです。

最短二日で免許取得出来る事から、免許取得の教習所では、土日プランという物を準備していたりするので、これからウォータースポーツをしたいという人はまず挑戦してみると良いです。また初めての場合は水上バイクを購入したりせず、レンタル出来る場合はレンタル、知人が持っている場合は同行させてもらうという事から始めてみるべきです。水上バイク免許のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする