水上バイク免許は一日で取得可能か

気温が高くなると清涼感を求めて海に出かける人が多くなり、そこでは泳ぐことを目的にする場合もありますが、一定の年齢に達するとアクティビティでレジャーを満喫する人も増加します。今はサーフボードを使って波乗りをしたりボートを使って水上スキーを堪能することもありますが、もっと手近な水上バイクを活用するケースが拡大しています。その理由は操作が比較的簡単であり、ボートと比較するとコストも割安であることが理由と言えるでしょう。このような水上をエンジンを使って走行するものを運転する場合、その大きさや形状に適合した免許が必要になります。

当然に水上バイクも水上バイク免許がなければ走行することができず、無免許で使用すると罰則規定があるので注意してください。そこで気になるのは水上バイク免許の取得期間ですが、最短であれば一日でも取得することができるようになっています。水上バイク免許は関連する法令などの質問に答える筆記試験と、その試験が合格した後に実施される実技講習を受け、そこで一定の技能があることが認められると免許が取得できます。これらの試験は一日で受けることが可能であり、そこから一日で水上バイク免許が所持できるので、すぐに運転できるようになっています。

筆記試験についても過去に出題された試験問題を中心に作成されていて、問題集などの簡単に入手できるようになっているので、まずは事前に筆記試験の対策を行うといいでしょう。実技講習については普通自動車のような高度な技術を習得するというよりも、基本的な操作方法と安全性に関する講習を受ける程度であり、全くの未経験者でも合格できるようになっています。水上バイクが使えれば新たな楽しみができるようになるので、興味がある人はまずは情報を入手して考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする