水上バイク免許の取り方

ジェットスキーと呼ばれることもある水上バイクは、海などを颯爽と駆けていくかっこいい乗り物です。ですが当然ですが操縦するためには免許を取得する必要があります。自動車などと同じように、無免許での操縦は罰せられます。水上バイク免許の取得法は、大きく分けて二つあります。

国家試験を受ける「受験コース」と、国家試験を受けない「教習コース」です。「受験コース」は民間が行っており、会場にて行われる学科・実技試験に合格すれば水上バイク免許が取得できます。講習を行っている教室もありますが、独学で勉強を行うことも可能です。「教習コース」は官が行っており、約6時間の講習を受け、その最後に行われる修了試験に合格すれば水上バイク免許が取得できます。

こちらは国家試験が免除されるかたちです。いずれのコースでも難易度は変わらないので、自分で勉強を行うのが得意かどうかで判断すると良いでしょう。講習がある分、「教習コース」のほうが拘束時間と料金が大きくなりやすいです。申しこみの方法は、全国のジェットショップが窓口になっているのが基本です。

水上バイク免許がなければ水上バイクが売れることはありえないため、ジェットショップに相談すればその人にとって最適な免許の取り方を親身に勧めてくれるはずです。また注意点としては「最短一日」や「即日交付」といった甘い言葉を謳う教室は避けるようにしましょう。こういった言葉に釣られると、余計な日数や金額がかかってしまう危険があります。まずは信頼できるジェットショップを見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする