海で爽快感を味わいたいなら水上バイク免許を取ろう

海水浴のシーズンになるとファミリーや仲間たちと海水浴を楽しんでいる場所から少し離れたところで、水しぶきを上げて軽快に水上バイクを走らせている光景を見かけます。暑い日差しを浴びながら水上でしか味わえないスピード感や爽快感が魅力です。今年こそはチャレンジしてみたいと思う方もいるのではないでしょうか。水上オートバイを操縦するためには特殊小型船舶操縦士免許が必要になります。

この水上バイク免許は湖岸や海岸から2海里、約3700メートルまでの水域を操縦できるとされています。一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許を持っていても、特殊の水上バイク免許がなければ操縦できません。水上バイク免許の取得は16歳以上の方が可能となっており、取得するには小型船舶操縦士国家試験を直接受験する受験コースと、登録小型船舶教習所において必要な講習を受講した後、国家試験と同じような内容の学科と実技修了試験を受験して、それに合格すれば国家試験の学科と実技が免除されるという教習コース、2つの方法から選べます。ある程度知識がある方や短期間で免許を取得したい方、あまりお金をかけたくない場合は受験コースを。

初めて船舶を操縦するためしっかり知識を身につけたい方は教習コースが良いでしょう。操縦免許の取得方法が決まったら、小型船舶の教習所やスクールのスケジュールを確認してインターネットやお電話から問い合わせます。費用や時間を要するため計画的に行うことがポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする