ジェットスキー免許の特徴と取り方

スリルを楽しめたり、自然のなかで過ごしたりするのに役立つ水上バイクを操縦するならジェットスキー免許を取得する必要があります。この免許は比較的短期間でとることができるので、今後水辺でのレジャーを楽しみたいと考えている場合には取得すると良いでしょう。小回りが利く水上バイクに乗れると、行動範囲が広がり海をより満喫することができるようになるためおすすめです。ジェットスキー免許は若い世代だけでなく、中高年の人にもおすすめできる免許です。

様々なタイプの水上バイクがありますので、1人で楽しめるだけでなく友人や家族などを乗せて一緒に爽快に水の上を走る楽しさも味わえます。趣味の世界を広げるのに役立つので、取得を目指してみると良いかも知れません。ジェットスキー免許は正確には特殊小型船舶操縦士免許と呼ばれているライセンスです。各社が発売している様々な水上バイクを扱うときに必要になります。

1級や2級の小型船舶操縦士免許を持っていたとしても、水上バイクを操縦することはできませんので、水上バイクの操縦をするなら特殊小型船舶の免許を取得しておきます。また海だけでなく湖や川でも乗ることができ、海の場合には陸から2海里までの区域に行くことができます。ジェットスキー免許は16歳以上が取得可能です。免許を取るためには、国家試験を受験して合格するかもしくは国家試験免除の水上バイクの教習所の修了試験に合格する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする