人生が変わると話題のジェットスキー免許

ジェットスキーの後ろに乗せてもらって感動した方、また河川敷や海で乗りこなしていていいなと思っている方は必見です。ジェットスキーの操縦にはジェットスキー免許が必要です。まずは免許取得について流れを把握することから始めていきましょう。基本的にジェットスキー免許は教習所がありますのでそちらのコースを利用しますが、2日間コースが定番です。

1日目に海のルールやマナーなどの学科講習、実技講習を行います。実技講習では実際の試験で使用されるような水上スキーの大きさで練習をします。初めて操縦するときにはもちろん緊張するかと思いますが、インストラクターが丁寧に教えてくれますので大丈夫です。その時にわからない事などは質問をしてクリアにしておきましょう。

2日目にはいよいよ試験ですが、学科試験はマーク式ですので選択で簡単です。基礎的な海の事を学んでおけば問題はないでしょう。実技試験と身体検査で終了です。身体検査では視力検査なども行われますのでメガネやコンタクトを持参しておきましょう。

そこで合否判定が行われて目立たく合格をした際には、ジェットスキー免許が発行されます。因みに教習所によっては当日に発行してもらえるところもありますし、スピーディーな流れを希望されるようであればそういったところを選ぶのがお勧めです。水上スキーは高額な乗り物ですし、維持費もかなりかかります。購入する事に抵抗があるという場合は、レンタルも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする