いま注目されているジェットスキー免許

色々な免許がありますが、海系で言うと人気があるのが船舶免許です。1級小型船舶免許に関しては、かなり難易度が高いと言われていることでも有名ですが、ジェットスキーを操縦したいのであれば特殊船舶免許(ジェットスキー免許)を取得しなければなりません。1級にカバーされているのではと思われがちですが、水上スキーは別物と考えておきましょう。ジェットスキー免許は基本的には2日間コースが定番です。

1日目に学科講習と実技講習を受けます。この学科講習ではマリンルールや海のマナーを学んで、実技講習では実際の試験で使用されるようなジェットスキーで練習をします。丁寧に講師が教えてくれますしあまり難しいことはありませんので、問題は無いでしょう。2日目には学科試験と実技試験、そして身体検査が行われます。

ちなみに学科試験はマーク式で選択式ですのであまりむずかしいこともなく、基本的な事を押さえておけば大丈夫です。身体検査は視力検査などがあります。そこで合否判定が行われて、無事合格となったらジェットスキー免許が発行されます。早い所ですとその日のうちに発行して貰う事が出来ますので、ジェットスキー免許を急いで取得したい方は要チェックです。

基本的に2日間コースが主流ではありますが、教習所によっては1日コースがあります。その場合は学科の勉強は自分で済ませていく事になりますので、教習所で学科講習はカットされます。1日取得コースも人気です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする